• 森の中の小さなログハウス

高原レポート / 桧原湖をカヌーでス~イスイ June 26,2006

曽原湖や小野川湖でカヌーをした事はあるのですが、桧原湖は未体験ゾーン!どんなところへ連れてっていただけるか、すご~く楽しみでした。今回も冬のスノーシュートレッキングでガイドしていただいたバックスさんにお世話になりました。
持ち物は「帽子」「マリンブーツ」「ジャンバー」「カメラ」くらい。これといって必要なものって無い感じですね。そうそう、日焼け対策は万全に!特に半ズボンだったりすると太もも焼けますよ~
9時過ぎに家を出てバックスさんへ。サッシーさんとスタッフの方にご挨拶。「よろしくお願いしま~す」

まずは軽く講習。ライフジャケットの着て、オールの持ちかた&使い方。
こんどはカヌーのお話。乗り方&操作の仕方などなど…ひととおり分かりやすく解説していただきました。 う~ん、だんだん気分は桧原湖みずすまし隊だぁ。あ~っ早く行きた~い!

カヌーに乗り込んで、さぁ出発!
思ったより安定してるし、操作もすこしやってみると楽。ほとんど不安もなく、ス~イス~イと桧原湖へ漕ぎ出したのでした…

島の近くを通ったり、遊覧船やモーターボートが通ったり、序盤戦から動きがありますねぇ。
「ボートが通ると沈したりするのかなぁ」なんてちょっと心配していたけれど、全然大丈夫。波で少しゆれますが、それも一つのお楽しみ。このカヌー結構安定してますねぇ。

これからいよいよ「イカリ潟」目指してジャングル?に入っていきます。入口に水中から柳が顔を出していました。小島の間を抜けて奥へ奥へ入っていきます。 磐梯山噴火の時に飛んできた岩なのか、あちこちに白っぽい大きな岩がありました。う~ん、カバやワニはいないけど「ジャングルクルーズだ!」 しかも天然の…

季節外れのナナカマドの紅葉を見つけたりして、しばらくのんびり進みます。突然キャンプ場が現れ、ここで休憩との事。「ちょっと休みたいなぁ」なんて思ってたところだったので、ナイスタイミング!途中バス釣りのボートが結構出てました。

休憩中、カヌーツアーについていろいろ伺いました。以前、突然カモシカが湖に落ちてきた事があったそうです。「見たいなぁ。見れたらいいなぁ」とちょっと期待しながら出発!
さぁ、いよいよイカリ潟。入口のつり橋が見えてきました。奥のほうは神秘的な雰囲気。ワクワクしますね。

イカリ潟周辺はとっても静か。プカプカ…ユラユラ…スイスイ…いやぁのんびりモードですね。2艘のカヌーを寄せてしばらく休憩。「桧原湖にもこんなところがあるんだなぁ」と実感。
休憩の後は、名残惜しいけど帰路へ。およそ2時間のカヌーツアーでした。

座ってるだけだから、それほどエネルギ-消費してないと思っていたけれど、だいぶお腹が空いていました。
昼食はバックスさん自慢のダッジオーブン料理。ボリュームもあって、すご~くおいしかった!
カヌー&昼食は超お勧めですよ! 五色沼散策も良いけれど、水の上から見る裏磐梯もいいですね。
桧原湖・イカリ潟付近は小島がいっぱいで、ちょっとした冒険気分

とにかくガイド付きツアーの良いところは安心な事
サッシーさんのおかげです。

バックスさん、ありがとうございました。

 

関連ページ

ガイド付きカヌーツーリングプラン(桧原湖いかり潟)